クロノの読書

クロノの読書


今回の絵は、久々にクロノちゃんです。



身近でインフルエンザが発生しました。

インフルエンザになると、しんどいし、たくさんの人に迷惑が掛かるので気をつけないといけないですね。

皆様も、インフルエンザや、風邪にはお気をつけください。。。

[ 2013/02/27 21:22 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ねこちゃんひろったの。

ねこちゃんひろったの

更新が遅れました・・・

今回の絵は「ねこちゃんひろったの」です。


昨日は、職場の懇親会でした。楽しい先輩方とお酒を飲めてすごい楽しい時間をすごせました。

でも、酔っ払って先輩の眼鏡を強奪して帰ってきていました・・・

返さないといけないですね(笑)
[ 2013/02/26 22:54 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

このはとハチさん

このはとハチさん。
このはとハチさん1




ある昼時、このはちゃんが森の中を歩いていると、一人ぼっちで泣いているハチさんがいました。

このはちゃんは、不思議そうにそのハチさんを眺めています。

ハチさんは、大切そうにツボを抱えて、中をのぞいては涙を流しました。

このはちゃんは、はっと思い出しました。

ハチさんたちが花畑で楽しそうにしている風景を。

このはちゃんは、恐る恐るも泣いているハチさんに近づいていきました。

そして、勇気を振り絞り、ハチさんの肩をぽんぽんと叩きました。

振り向いた、ハチさんに自分の知っている花畑を、身振り手振りで説明しました。

しかし、ハチさんは首を傾げるだけです。

それでも、このはちゃんは、あきらめませんでした。

震える手でハチさんの一本の手をつかみ花畑へ案内することにしました。



このはとハチさん2


花畑へ到着すると、ハチさんは「わ~」と喜びました。

このはちゃんの考えは正しかったのです。

元気良く花から花へ飛び移るハチさんを見て、このはちゃんはほっとしました。

そして、このはちゃんは、花畑に腰を下ろして不思議そうにハチさんを見ていました。

時間が経つと、ハチさんがこのはちゃんのところへ戻ってきました。

そして、つぼの中にたくさんに入った黄色いドロッとしたものを見せました。

そして、ツボをこのはちゃんの前でほれほれと振りました。

どうやら、このはちゃんに蜂蜜を分けてあげようとしているみたいです。

しかし、このはちゃんは、蜂蜜を知りません。なので不安な顔をして首を傾げてしまいます。

困ったハチさんは、蜂蜜を自分で舐めて、食べるものであることをこのはちゃんに説明しました。

その光景を見て、このはちゃんは恐る恐るつぼの中に手を入れました。

そして、手に付いた黄色くてドロッとしたもをくんくんとにおいを嗅ぎます。

黄色いドロッとしたものからは、甘くてとても良い匂いがしました。

そして、食べ物であるかもしれないと察したこのはちゃんは口の中に蜂蜜を入れるのでした。

今まで食べたことも無い、甘くて、とてもおいしいものを口にしたこのはちゃんは、

おいしさのあまりに、にっこりと笑いました。

それを見たハチさんもにっこりと笑いました。








この作品は、ツノダ教授の弟子ジャバオックF様からアドバイスを頂いて考えてみました。

良くできたかはわかりませんが、、、ツノダ教授の弟子ジャバオックF様ありがとうございました。





アドバイス、コメント、リクエスト等は随時お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。
[ 2013/02/22 17:45 ] 小さな物語 | TB(0) | CM(0)

このはと不良のアリさん

このはと不良のアリさん

このはちゃんが森の中を散歩していると、黒くて長い長い線がありました。

でも、その線は、えっさえっさと動いています。

良く見るとアリさんたちの大行列でした。

アリさんたちは大きな食物を持って、一生懸命に運んでいるのでした。

そんなアリさんたちを見ていると、後ろから声が聞こえてきました。

「か~~~!やってらんね~な~~」

後ろを見ると数匹の不良アリさんたちがいました。

不良アリさんたちは不思議なものをくわえながら話します。

「何で俺たちが、こんな奴隷みたいなことしなきゃいけねんだよ。」

「働きたいやつだけが働けば良いんだよ。俺たちは、俺たちの道を生きるぜ!」

不良アリさんたちは、口々に話すとその場を去っていきました。

そんな、不良アリさんたちを見て、このはちゃんはどうのように感じたのでしょうか。
[ 2013/02/19 23:50 ] 一枚からの物語 | TB(0) | CM(0)

水兵さん

水兵さん

今回の絵は「水兵さん」。


水兵の服って可愛いですよね。

[ 2013/02/18 00:31 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ククリ

ククリ216

ず~~と前に描いたものをほんの少し訂正したものです。

魔法陣グルグルのククリです。


私は、pixivにも投稿して楽しんでいるのですが、当然のごとく、閲覧者少なく、点数なんかつきません。

一人でも点数をつけてくれた人がいれば、大喜びなレベルです。

でも、この絵だけは、なぜか200点を超えました。

絵の上手な人からすれば、低い点数ですが、私にとっては、すごいことなのです・・・

ククリちゃんだから点数をつけてくれた人がほとんどだと分かってはいますが、

点数を多くもらえるとうれしいですね(〃'∇'〃)
[ 2013/02/16 01:40 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

自チョコだもん・・・

自チョコだもん。


バレンタインですね!!!

義理チョコもらって喜ぶ男は少ないと思う。



突然ですが、学生時代のアルバイトをしていた時の話をしたいと思います。
愚痴になります。ご了承くださいませませ~~-v(* ̄・ ̄)。。o



学生時代、バレンタインデーの日に、同じシフトに入っていた気持ち悪くて嫌いな先輩がいました。

先輩は、気持ち悪い声で言いました。

「あ・・・そういえば〇〇君。チョコレートは貰えましたか?」

はっと思い出したわけでもないのに、急に思い出したかのようなバレバレの演技!

貰っていない私は、「いや、貰ってないです。」と普通に答えました。

すると先輩は、

「ええ!?貰えなかったんですか!!?僕は貰いましたよ~!!!」

わざとらしく、驚いたフリをする先輩・・・

自分が貰ったことをとにかく自慢したい先輩・・・

そんな先輩に、私は「そうなんすか、良かったですね。」と言って話が終わりました。


終わったかと思いました!!!


すると、先輩はふりっと振り返って最後に一言。


「きっといつか〇〇君も貰えますよ・・・」

「・・・」

「・・・」

「義理チョコを!!!」


そう言いきると、先輩は勝ったと言わんばかりにその場を立ち去っていきました。



普段から、生意気な態度で接していた私のことを嫌っていたのは分かっていましたが。

めちゃくちゃ腹の立ったバレンタインデーでした。

今でも、バレンタインデーが近づくと、あの先輩を思い出します。

先輩は今何をしているんでしょうか・・・
[ 2013/02/14 01:09 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

クマと女の子(虹色)

クマと女の子



色を変えてみました。
[ 2013/02/11 22:07 ] 虹色シリーズ | TB(0) | CM(2)

クマと女の子

クマと女の子

今回の絵は、「クマと女の子」です。

クマのぬいぐるみが、女の子を抱っこしています。

ずっと前に、ラフ画で描いてたものを適当に完成させてみました。
[ 2013/02/10 21:15 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

クロノと雪の記憶

クロノと雪の記憶


しんしんと雪の降り続く中、クロノちゃんは雪の妖精と出会いました。

クロノちゃんは話しました。「雪がとてもきれいだね。」

すると、雪の妖精がクロノちゃんに質問をしました「どうして雪がきれいなのか分かるかい?」

クロノちゃんは、首をかしげて分からないといった表情をしました。

そんなクロノちゃんを見て雪の妖精がやさしく答えを言いました。

「それはね、雪の一つ一つに思い出があるからなんだよ。世界中を旅した雪たちには、楽しい記憶から、悲しい記憶まで様々な思い出があるんだ。」

クロノちゃんはその答えを聞いてにっこりと笑いました。

そして、懐から、杖を取り出し、雪の記憶に話しかけるのでした。

「君たちの旅の記憶をあたしに見せておくれ。」

[ 2013/02/09 02:36 ] 一枚からの物語 | TB(0) | CM(0)

はてな

はてな


今回の絵は「はてな」首を傾げている女の子です。



ボートレース(競艇)に行ってみたくて、インターネットで調べていたんですが・・・

これを知ればボートレースが超楽しくなる的なことはあるのでしょうか???



あと、すんご~~~~~く、久しぶりに、

ブログランキングをクリックしてくれた御方いらっしゃいました。。。

ありがとうございます!!!

久々に自分以外のクリックがあったので驚きました・・・すごくうれしかったです(●´ω`●)
[ 2013/02/01 22:37 ] イラスト | TB(0) | CM(0)