このはと笛

このはと笛このはと笛1

このはちゃんが歩いていると、そこには、4つの笛が落ちていました。

このはちゃんは、適当なものを一つ手に取って吹いてみました。

すると、ピュロロロ~と音が出ました。音楽には鳴っていませんが、とてもやさしい音色です








このはと笛2

すると、森の中から、妖精たちがリズムにのってやってきました。


このはちゃんは、笛が楽しかったのでしょうか、違う笛も吹いてみることにしました。








このはと笛3

このはちゃんが横笛を吹くと、森の妖精たちは、目を閉じ、リラックスをして首をふります。

このはちゃんは、しばらく横笛を吹いていました。





このはと笛4

このはちゃんは次にオカリナを手にとって吹いてみました。

すると、妖精たちは、手を取りあって踊り始めます。

このはちゃんの音楽になっていない音色ですが、とても楽しそうに踊っています。








このはと笛5

このはちゃんは、最後に縦笛を手に持ちました。

そして、笛を吹き始めます。

しかし、どうした事でしょうか、縦笛からは、スーと吹いた息が突き抜けるだけで

音が鳴りません。

妖精たちも、不思議そうにこのはちゃんを眺めています。

このはちゃんは、あきらめずに、勢いよく笛を吹きました。

でも、結局音は鳴りませんでした。






このはと笛6

しかし、妖精たちは、一生懸命に笛を吹くこのはちゃんがとてもおもしろかったのでしょうか。お腹を抱えて笑い始めました。

突然、大きな声で笑い出した妖精たちを、このはちゃんは、不思議そうに見渡しました。

笛は鳴りませんでしたが、

どうやら、妖精たちにとって、鳴らなかった笛が一番楽しい笛だったようです。






このはと笛7




クロノちゃんの絵本が進まないので、このはちゃんの絵本をとりあえず描きました。

一気に描いたので、後ろの妖精が超荒いです。ごめんなさい(笑)

[ 2013/10/21 05:33 ] 絵本 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ojyact.blog.fc2.com/tb.php/163-92242e23