クマのハッピー

今回載せる絵本は、大学時代の卒業論文用に作った絵本です。

初めて描いた絵本で、すごく懐かしい作品です。

学科は経済学部だったのですが、福祉に関するゼミに所属していたので、

絵本についての論文を書くことにしました。

その時に、クーピーペンで描いた作品になります。

この当時は、絵本作家を目指していたわけではないので、今よりも、かなり適当な絵になっていますが・・・

ふと、思い出したので掲載したいと思います。




「クマのハッピー」です




















img02.jpg










img03.jpg









img04.jpg










img5.jpg












img06.jpg









img07.jpg










img08.jpg









img09.jpg










サイズをかなり縮小しているので、字が見えにくいかもしれませんがご了承ください。


この文章を書いている今、私は、大学時代の論文を見ているのですが、懐かしくて面白いです。


当時の私の、ストーリー解説によると、絵はともかく、内容に力を注いでいたみたいです。

また、ハッピーと女の子の気持ちを様々な場面で想像してほしいと、文字数を減らしています。



そして、子供には、ぬいぐるみなどにも心があるから大切にしてほしいという思いと、

大人には、昔大切にしていたものを思い出してほしいという思いを込めて作ったそうです。


論文にも絵本解説の最後に描いているのですが、内容を評価してあげてください(笑)

[ 2013/08/31 12:21 ] 絵本 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/11 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ojyact.blog.fc2.com/tb.php/142-c67705c9