クロノと記憶の鏡

クロノと記憶の鏡
クロノと記憶の鏡 表紙





昔、とても栄えていた町があった。

しかし、この町では、移住の記録もなく、突然人々が消え、廃墟となったんだ。





町の中に、きれいな鏡が残されていた。


鏡の記憶を見せてもらうよ。













クロノと記憶の鏡 鏡1



毎日、毎日人々を映す鏡。今日も人々は、幸せそうに鏡の前を歩いていた。












クロノと記憶の鏡 鏡2



この日は、女の子が映っている。

きれいな服を着て、ずっと鏡を見ていた。

きっと、新しい服を買ってもらったんだね。

とてもにあっているよ。















クロノと記憶の鏡 鏡3



この日は、お母さんとはぐれてしまった男の子が鏡の前で、泣いていた。

でも、このあとすぐに、お母さんが探しに来てくれたね。

もう、お母さんの手を離したらだめだよ。















クロノと記憶の鏡 鏡4



この日は、男の人が、緊張した顔で、時間を掛けて服を整えていたね。

もしかしたら、大好きな人へ気持ちを伝えに行くのかな。

頑張って!














クロノと記憶の鏡 鏡5



この日は、大きな男の人が、ずっと鏡の前で踊っていた。

鏡の周りで、たくさんの人々が、楽しそうに見ていたね。

あたしも、踊りたくなったんだ。













クロノと記憶の鏡 鏡6xpg



人がいなくなる3日前。

この日もいつもの風景が流れていた。

みんなが、いつもの日常を送っていたんだ。















クロノと記憶の鏡 鏡7



人がいなくなる2日前。

この日も、皆が、とても楽しそうに過ごしている。

お祭りだったのかな、風船で遊ぶ子供たちが多かった。













クロノと記憶の鏡 鏡8



人がいなくなる前日。

この日も、みんなが手を取り合っていた。

町中がやさしさに包まれているような感じだったんだ。













クロノと記憶の鏡 鏡9




人がいなくなった日。

人々が、鏡に映らなくなった。

でも、最後の最後まで、みんなが笑顔だったんだ。

あたしには、すこし違和感が残った。















クロノと記憶の鏡 鏡10



鏡のそばには、町の人々のための石碑が設置されていた。

石碑の字は、あまり読み取ることはできなかったけど、

あたしは、とても驚いた。

石碑の設立日は、町の人々が消える2日前の日付になっていたんだ。

前日に感じた違和感が一気に吹き飛んだ。




あたしの知りたかった答えは、これだったんだね。












クロノと記憶の鏡 鏡11



終わり。







閲覧ありがとうございます。

「クロノと記憶の鏡」はいかがでしたでしょうか。

クロノちゃんが、廃墟の謎を解くと同時に、人々の心を知るというのが、

今回の物語だったのですが、なぞの残るストーリーで仕上げてみました。


どんな感想でも良いのでよろしくお願いいたします。。。
[ 2014/06/09 11:53 ] 絵本 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/06/09 19:01 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/06/10 17:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ojyact.blog.fc2.com/tb.php/273-7c0c5562